2017 売れ筋&おすすめ液晶テレビはコレ!

2017年、クオリティでもコスパでも4Kテレビに注目 2017年、薄型テレビのトレンドは? ソニー、シャープ、東芝など主要なテレビメーカー5社が、一斉に「4Kテレビ」の市場へ本格参入、相次いで高性能4Kテレビが発売されて以来、「次に買い替えるなら4Kテレビを」というお客様が多くを占めるようになってきました。フルハイビジョンの4倍の画…

続きを読むread more

フルハイビジョン?4K?液晶テレビの選び方教えます!

50V型前後のサイズを上回る大画面テレビを購入する場合は4K液晶テレビ、49V型未満のサイズを購入するならフルハイビジョン液晶テレビがおすすめです。 大画面であればあるほど「映像の美しさ」で格上とされてきた自発光方式のプラズマテレビですが、パナソニックが2013年末を最後に生産を終了。惜しまれつつも市場からプラズマテレビは姿を消しまし…

続きを読むread more

4Kテレビは買い時?それとも時期尚早?

大画面テレビの購入を考えているなら、全く時期尚早ではありません。むしろ、今あえて大画面のフルハイビジョン(2K)を購入するのは、後悔のもとになりかねません。 話題の4Kテレビですが、2014年に入り急速に売り上げが伸びている一方、まだ「4Kは時期尚早」と考えていらっしゃる方も少なからずいらっしゃるようです。その根拠は誤解による思い込み…

続きを読むread more

薄型テレビの買い時は、いつがベスト?

ボーナス商戦?年末商戦?それとも決算期?いやいや、それらに勝る最大の買い時は、ズバリこの時期。量販店の販売員が個人的に買う場合もこの時期を狙います! この質問、お客様からの質問ナンバーワンかもしれません。はっきり言うと量販店の販売員に、この質問をしてもあまり意味がありません。彼らのスタンスとしては、「今が一番お買い得!」だからです。ま…

続きを読むread more

速い動きに強い(倍速つき)液晶テレビでおすすめは?

動きの速い映像で最も残像感の無い液晶テレビは、ソニーのBRAVIA。 液晶テレビは速い動きに弱く、残像感が出てしまうのが最大の弱点。 最近よく3~5万円台の32~40V型液晶テレビが特価商品として売り出されていますが、これらの商品はまず倍速機能がついていないと考えた方が良いでしょう。特にスポーツ番組をよくご覧になる方は、残像が目立つ…

続きを読むread more

音が良いテレビを選びたい

薄型テレビの音に過剰な期待は禁物。ウーファーを内蔵する高音質モデルがベストだが、別売のシアターラックやシアターシステムを使用して音をグレードアップすることも可能。 音の良さという点で、薄型テレビは従来のブラウン管のテレビよりも一般的には劣ります。テレビの設計で、薄くてスタイリッシュなデザインを優先すれば、必然的に、大きなスペースを必要…

続きを読むread more

IPS方式 と VA方式 液晶パネルはどっちが正解?

斜めから見ることも多いなら、色が変化しにくい「IPS方式」の液晶パネルが正解。他方、視聴位置は正面からのみという場合は「VA方式」に軍配。コントラスト性能に優れ、IPSでは潰れてしまいがちな微妙な明暗も描きわけるのが得意です。 VA方式(Vertical-Alignment方式)は、世界トップシェアのサムスン電子をはじめ、ソニー、シャ…

続きを読むread more