液晶テレビ&4Kテレビの賢い選び方 2017

アクセスカウンタ




液晶テレビ&プラズマテレビの賢い選び方 診断開始

液晶テレビ 売れ筋ランキング

zoom RSS 2017 売れ筋&おすすめ液晶テレビはコレ!

<<   作成日時 : 2017/01/11 10:00  

トラックバック 0 / コメント 0

2017年、クオリティでもコスパでも4Kテレビに注目

おすすめ薄型テレビ 2017

2017年、薄型テレビのトレンドは?

ソニー、シャープ、東芝など主要なテレビメーカー5社が、一斉に「4Kテレビ」の市場へ本格参入、相次いで高性能4Kテレビが発売されて以来、「次に買い替えるなら4Kテレビを」というお客様が多くを占めるようになってきました。フルハイビジョンの4倍の画素数で圧倒的な高画質を誇る4Kテレビは、大型化が進む薄型テレビ市場において、今最も注目されている商品といって良いでしょう。

ここ数年間で更なる技術的な進化に加え、4Kテレビの価格が、普及の目安とされる1インチ1万円を切り割安感が出てきたことや、消費増税前の新築・リフォーム需要の盛り上がりに連動して大型テレビ需要が高まっていることも、4Kテレビシェア拡大の追い風となっています。
中・小型テレビの動向も含め、2017年 薄型テレビ業界のトレンドとおすすめモデルをご案内します。




薄型テレビ ブログ ランキング1位をチェック!



★ 高画質機が人気の大型クラス ★


大型 おすすめモデル
次に買う薄型テレビは大画面を選びたい、ただ単に画面が大きければ良いというわけではなく、映像の美しさでも妥協はしたくない。このように考えるお客様が多いため、画面サイズが大きければ大きいほど、スタンダード機よりも価格が高めの高画質機の方に人気が集まる傾向があります。

数年前までは高画質2K(フルハイビジョン)テレビと4Kテレビが人気を二分していましたが、現在ではアップスケーリング機能により大画面でも高画質の映像を映し出す4Kテレビを購入の最有力候補としているお客様がすでに多数派。

以前プラズマテレビを持っていたお客様がテレビ買替えの際に、4Kを選ぶ傾向もあります。今プラズマテレビの買い替えを検討されているお客様の多くは7〜8年前に購入されたお客様。ところが既にプラズマテレビはパナソニックの2013年モデルを最後に市場から姿を消しています。当時、映像の美しさで液晶テレビよりもプラズマテレビを選んだ方々の選択眼にかなうテレビが、現在では4Kテレビとなっているようです。また、4Kテレビの55V型クラスでは、現在の価格が7〜8年前当時のプラズマテレビと同水準以下となっているため、割安感を感じていらっしゃるお客様も多いようです。
4KではSONY BRAVIA KJ-55X9350D、高画質2KではSONY BRAVIA KJ-50W870Cがおすすめです。


★ 中型は高画質機とスタンダード機が二極化 ★


中型 おすすめモデル
40〜46V型クラスの中型機では、高画質・高機能なハイグレードモデルと、画質はそこそこで価格重視のスタンダードモデルに二極化傾向。ハイグレードモデルでは、高画質に加えて3D機能やネット機能、無線LAN内蔵、スマホとの連携など、まさに至れり尽くせり。

そんな過剰な機能は要らない、という方はスタンダ−ドモデルを選ぶことになりますが、スタンダードモデルになると画質が大幅に落ち、42V型にもかかわらず倍速機能が省略されているものすらあります。もちろん、それを承知で購入する場合は問題ありませんが、知らずに価格の安さだけでとびついてしまうリスクもあるので注意が必要です。
高画質かつ買い得感のある中型サイズモデルではSONY BRAVIA KJ-43X8300Dや、SHARP AQUOS LC-45US40がおすすめです。


★ 小型では低価格のノンブランドが台頭 ★


小型 おすすめモデル
小型クラスではノンブランドの参入が著しく、低価格モデルがしのぎを削っている状況です。いわゆるナショナルブランドといわれる国内大手メーカーもこの状況には苦戦しており、展開モデルの減少や利益の出にくい小型クラス自体からの撤退などで対応している状況。

消費者にとって安値はありがたいことですが、他社同クラスと比べてあまりに安すぎるものには注意が必要です。量販店で購入する場合に、5年保証の対象外となっている商品にもご注意を。耐久性やアフターサービスに問題があっても仕方ない、と割り切れる場合のみ購入するようにしましょう。
低価格ながら多機能かつ美しい映像が魅力のTOSHIBA REGZA 32V30や、Panasonic VIERA TH-32D325などがおすすめです。


それでは具体的にどのテレビが自分のニーズに合っているのか、おすすめの機種をご案内しましょう。最適テレビ診断にトライしてみてください。


≫ 30秒で診断、あなたに最適なテレビはコレ!









フルハイビジョン?4K?今ならどっちを選ぶべき? /音の良さでテレビを選ぶなら、どれ? /IPS方式とVA方式、液晶パネルはこんなに違う! /人気の録画機能つきテレビ、最良の選択は? /量販店とネット通販、どちらで買うのが正解? /薄型テレビの買い時、ズバリいつがベスト?






どのテレビを買えばいいのか迷ったら…


液晶テレビ&プラズマテレビの選び方


楽天市場 売れ筋ランキング≪BDレコーダー≫




楽天市場 売れ筋ランキング≪ビジネス書≫



≫液晶テレビ&プラズマテレビの選び方 TOPに戻る




年末年始のお出掛けに、国内線LCC予約絶好調!
LCC(格安航空会社)の航空券は主にインターネットでの直販を基本としているため、従来LCCと旅行会社は提携しづらい関係にあった。しかし、ここへきて両者は急速に接近しつつある。国内線LCC同士の競争激化をにらみ販路拡大を模索するLCC側と、格安ツアーの商品化による需要喚起を期待する旅行会社側の思惑が一致し始めたからだ。オンライン旅行会社のエクスペディアではLCC各社と提携した格安のダイナミックツアーをはじめ、航空券単体の販売も開始、予約状況は好調のようだ。〔国内線LCC特集〕


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

液晶テレビ&プラズマテレビ あなたにおすすめのテレビはコレ!

ビックカメラ.com

液晶テレビ&プラズマテレビ選び方のポイント

  • 2017年 おすすめテレビ
  • 4Kテレビは買い時?
  • 2K?4K?選ぶ基準は?
  • 速い動きに強いTVは?
  • 音が良いTVは?
  • IPS方式とVA方式
  • 録画機能付きテレビ
  • テレビの買い時は?



  • ≪編集部のイチオ誌!≫

    液晶テレビ&プラズマテレビの賢い選び方編集部推薦図書「家電批評」

    月刊 家電批評(晋遊舎)は薄型テレビを選ぶ際、ぜひ参考にしていただきたい一冊。メーカーの広告を掲載せず、読者に真実を伝えようとする編集姿勢が立派。きっと目からウロコの情報に出会えるはずだ。
    Amazon.co.jpでさがす
    楽天市場でさがす






    ≫ 液晶テレビ&プラズマテレビの賢い選び方 TOP に戻る


    < 無断転載を禁じます >
    Copyright (C) 2014 Smart Selection, Inc. All Rights Reserved.
    2017 売れ筋&おすすめ液晶テレビはコレ! 液晶テレビ&4Kテレビの賢い選び方 2017/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる