液晶テレビ&4Kテレビの賢い選び方 2017

アクセスカウンタ




液晶テレビ&プラズマテレビの賢い選び方 診断開始

液晶テレビ 売れ筋ランキング

zoom RSS 録画機能付きのテレビが欲しいのですが、どれが良い?

<<   作成日時 : 2017/01/11 09:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0


液晶テレビ&プラズマテレビ 選び方の結論

手軽に録画でき、価格も手ごろな「外付けHDD対応型」が人気。
ブルーレイを持っていないなら、価格は高めだが「オールインワン型」も選択肢に。


録画機能付きテレビは、HDDの製造を行っていた日立(日立のHDD事業は2012年3月に米WesternDigital社に売却)が初めてテレビにHDDを搭載して以来、永く日立と東芝の2強がしのぎを削ってきた歴史があります。その後、録画テレビの人気は徐々に高まり、地デジ切り替え前後では国内主要メーカーのほぼすべてから「HDD内蔵型」録画テレビが発売されていました。現在では、大容量の外付けHDDの価格が大幅に安くなったこともあり、「HDD内蔵型」に替わり「外付けHDD対応型」が主流となっています。

一方、HDDはもちろん、ブルーレイやDVDの再生&録画も含めて完全にテレビと一体になっている「オールインワン型」に対する人気も根強く、このカテゴリでは主に三菱が多くの製品をラインナップしています。

≪外付けHDD対応型 録画テレビ≫
録画機能付きテレビ/外付けHDD対応型「外付けHDD対応型」は、別売りの外付けHDDをUSB接続することで、録画機能を持たせることができるテレビです。外付けHDDが低価格化していることや、使用感がHDD内蔵録画テレビと大差なく、必要十分な録画が楽しめることから、今や殆どの国内テレビメーカーから発売されています。

注意が必要なのは、チューナーの数。2チューナーであれば、録画中に他の番組を視聴可能(いわゆる“裏録”機能)ですが、1チューナーの場合は録画中にその番組しか見られません。裏録機能を期待してテレビを選ぶ場合は気をつけましょう。
⇒「外付けHDD対応型」録画テレビでオススメは?

≪オールインワン型 録画テレビ≫
録画機能付きテレビ/オールインワン型「オールインワン型」は、テレビ本体にHDDとブルーレイ/DVD/CDドライブを内蔵しているテレビです。ブルーレイやDVD、CDの再生はもちろん、番組を内蔵HDDやブルーレイに直接録画したり、HDDからブルーレイへのダビングができます。

また、外部入力端子が設けられているものは、ビデオカメラ内の映像やVHS等ビデオ映像を取り込んで、ブルーレイ/DVD化することもできます。「外付けHDD対応型」よりも価格は割高になりますが、ブルーレイレコーダー並みの機能を録画テレビに求めたい方から支持されています。
⇒「オールインワン型」録画テレビでオススメは?





薄型テレビ ブログ ランキング1位をチェック!



≪外付け型とオールインワン型、どちらが良い?≫
「外付けHDD対応型とオールインワン型ではどちらが良い?」これも店舗でお客様から良く聞かれる質問です。
最近の傾向では「外付けHDD対応型」の録画テレビが主流といえますが、お客様がどのような点を重視しているかによって答えが変わってくるので、いくつかヒアリングさせていただいた後、おすすめをご案内することになります。「外付けHDD対応型」録画テレビを選んだ方が良いケースと、「オールインワン型」録画テレビを選んだ方が良いケースの判断基準はそれぞれ下記のとおりです。



「外付けHDD対応型」 録画テレビの判断基準


≪こんな方におすすめ!≫
低予算で手軽にたくさん録画できるUSBハードディスクは魅力!
録画した番組は見終わったら消去すれば良し。録画番組をいちいちブルーレイ化する必要は無いと思う
ブルーレイやDVDは、既にレコーダーやプレイヤーを持っているので、テレビ自体にその機能は不要

≪ココは覚悟 !?≫
録画したHDDの映像は、録画したテレビでなければ視聴できない(全く同じ機種でも視聴できない=テレビを買い換えると保存してあった録画映像を見るすべがなくなる)
録画した映像はDVDやブルーレイに原則残せない(※)
(※) 機種によっては可能な場合もあり


⇒「外付けHDD対応型」録画テレビでオススメは?



「オールインワン型」 録画テレビの判断基準


≪こんな方におすすめ!≫
「外付けHDD対応型」 よりも価格は高いが、ブルーレイレコーダーの機能がまるごとテレビに備わっているので、録画機器の操作が苦手な方でも安心
お気に入りの番組や映画はブルーレイに保存版として残したい
録画したブルーレイやDVDを貸し借りする事が多い

≪ココは覚悟 !?≫
機械的な駆動部分を内蔵しているため、通常のテレビよりも故障のリスクは高い。(購入後のサポートにコストがかかるためか)各メーカーとも生産を終了ないしラインナップを縮小しており、ユーザーの選択肢も限られつつある
テレビとブルーレイレコーダーを別々に購入するよりも価格が割高となり、同じ価格帯であれば性能が劣る場合が多い

⇒「オールインワン型」録画テレビでオススメは?


********************************

以上が録画機能付きのテレビの選び方のポイントになりますが、それでは具体的にどのテレビが自分のニーズに合っているのか、おすすめの機種をご案内しましょう。最適テレビ診断にトライしてみてください。


≫ 30秒で診断、あなたに最適なテレビはコレ!








フルハイビジョン?4K?今ならどっちを選ぶべき? /音の良さでテレビを選ぶなら、どれ? /IPS方式とVA方式、液晶パネルはこんなに違う! /人気の録画機能つきテレビ、最良の選択は? /量販店とネット通販、どちらで買うのが正解? /薄型テレビの買い時、ズバリいつがベスト?








≫液晶テレビ&プラズマテレビの選び方 TOPに戻る





どのテレビを買えばいいのか迷ったら…


液晶テレビ&プラズマテレビの選び方


楽天市場 売れ筋ランキング≪BDレコーダー≫




楽天市場 売れ筋ランキング≪ビジネス書≫



≫液晶テレビ&プラズマテレビの選び方 TOPに戻る




年末年始のお出掛けに、国内線LCC予約絶好調!
LCC(格安航空会社)の航空券は主にインターネットでの直販を基本としているため、従来LCCと旅行会社は提携しづらい関係にあった。しかし、ここへきて両者は急速に接近しつつある。国内線LCC同士の競争激化をにらみ販路拡大を模索するLCC側と、格安ツアーの商品化による需要喚起を期待する旅行会社側の思惑が一致し始めたからだ。オンライン旅行会社のエクスペディアではLCC各社と提携した格安のダイナミックツアーをはじめ、航空券単体の販売も開始、予約状況は好調のようだ。〔国内線LCC特集〕


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

液晶テレビ&プラズマテレビ あなたにおすすめのテレビはコレ!

ビックカメラ.com

液晶テレビ&プラズマテレビ選び方のポイント

  • 2017年 おすすめテレビ
  • 4Kテレビは買い時?
  • 2K?4K?選ぶ基準は?
  • 速い動きに強いTVは?
  • 音が良いTVは?
  • IPS方式とVA方式
  • 録画機能付きテレビ
  • テレビの買い時は?



  • ≪編集部のイチオ誌!≫

    液晶テレビ&プラズマテレビの賢い選び方編集部推薦図書「家電批評」

    月刊 家電批評(晋遊舎)は薄型テレビを選ぶ際、ぜひ参考にしていただきたい一冊。メーカーの広告を掲載せず、読者に真実を伝えようとする編集姿勢が立派。きっと目からウロコの情報に出会えるはずだ。
    Amazon.co.jpでさがす
    楽天市場でさがす






    ≫ 液晶テレビ&プラズマテレビの賢い選び方 TOP に戻る


    < 無断転載を禁じます >
    Copyright (C) 2014 Smart Selection, Inc. All Rights Reserved.
    録画機能付きのテレビが欲しいのですが、どれが良い? 液晶テレビ&4Kテレビの賢い選び方 2017/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる